強磁性
Ferromagnet


 電子そのものが永久磁石のようなもので磁気モーメントを持っているために原子が磁気モーメントを持つ場合があり,このような原子で構成されている物質で磁気モーメントがすべて一つの方向にそろっているものを強磁性体という.

強磁性を示す鉄を例に挙げて説明すると,経験的に,鉄と鉄はくっつかないが,鉄と磁石はよくくっつく.その理由としては,磁場が加わっていないとき鉄の内部では図のように磁区と呼ばれる領域に分かれて磁化の方向が逆になって並んでいる.このために全体としては磁化はなくなり,鉄と鉄はくっつかない.

逆に,磁場が加わると,こうした磁区は簡単に消失して磁石と同じ状態になるので磁石とはよくくっつく.このことは磁石の下に釘をつけて,またその下に釘をつけてもくっつくことからわかる.


(参考文献) 金森 順次郎 : 新物理学シリーズ7 磁性(培風館)


e-mail :webmaster@mag.okayama-u.ac.jp

岡山大学 磁性研究室ホームページ